日々どんな仕事をしていますか?
システム開発の開発部でプログラミングの仕事をしています。
最近ではスマートフォンアプリの開発にも取り組んでおり、
私はiPhone・Androidの両方のアプリ開発に携わるハイブリッドな
開発者になるため、二つの言語を勉強しています。
自分の仕事で、何にやりがいを感じますか?
もともと私はものづくりが好きなので
「0から作ったものが目に見える形になって動作する」ことに
やりがいを感じますね。
お客様の希望することを実現できると思うと、
是非叶えたいと意欲が湧きます!
今までの仕事で、楽しかった事は何ですか?
自分の作った製品やアプリが実際にお客様に使っているのを見たとき
中には厳しい意見をいただくこともありますが、
その意見を受け止め、見直し、改善することで
お客様に喜んでもらえたら尚一層喜びが増します。
今までの仕事で、大変だった事は何ですか?
やはり1年目のプログラミングの知識など何もなかったころが一番大変でした。
やること全てが初めてでどうやったらいいかも分からず戸惑ったことが多々ありました。
しかし、そんな時はユースの先輩方が色々と教えてくださいました。
そして私がユースに入って一番最初に学んだことは
「聞く」ことです。
「分からないことがあったら聞く」というのは基本的なことですが、
意外にできていないことが多く、特に入社したての頃は
忙しそうな先輩方に質問することに抵抗を感じました。
しかしユースには「忙しいから」といってつっ返す人は誰もいません。
誰もが理解できるように教えてくれます。
大事なのは自分だけで悩まず相談すること。
この「聞く」ことは今でも大切なことだと感じています。
自分の”ここが凄い!”という点は何ですか?
常に成長している自分を感じられるところです。
ある日自分が作ったプログラムを見て、
「ここをこうすればもっと効率的になる」、「ここはもっと違う方法でできる」など
新しいことに気づき、その時はこれで完璧!と思って修正を行うのですが、
またある日同じプログラムを見て
「あれ?もっと良い方法でできるじゃん!」と気づきます。
当時の自分に慢心しないで常に新しい情報を取り込み、改善点に気づける。
これが私の自慢できるところです。
一緒に働く仲間(同僚)は、どんな人達ですか?
仕事の上では自分の目標とする人たちです。
皆さん全力で仕事に取り組む人たちなので
自分だけ負けているわけにはいかない、と感じさせてくれます。
そしてそれは自分の後輩にも同じ姿を見せたいと思います

そして仕事上だけの付き合いだけじゃなく
みんなでバーベキューやソフトボール大会など
コミュニケーションを取るイベントなどもあります。
ユースという会社の、好きな所は何ですか?
社員全員の仲が良いところです。
上記のとおり社員同士の触れ合いの機会が多いこともあり
社員との距離が近いところもユースの魅力のひとつでもあります。
ユースで叶えたい”夢”は何ですか?
「たくさんの人の役に立つ」ことです。
ここでいうたくさんの人とは、お客様・ユース社員問わず困っている人が対象です。
私は中学生の頃からボランティア活動などしてきて「誰かの役に立ちたい」と思っていました。
私はこの思いを具体的に実現するためにお客様はもちろんユースの仲間のためにも
自分が役に立てそうなことには全力を尽くして取り組みたいと思っています。
趣味は何ですか?
バドミントンです。
高校の頃から部活ではじめまして、今でも地元のサークルで
週に1回ほどのペースでやっています。
おそらくバトミントンをやっている時が私が一番輝いている瞬間だと思います。

あと家を出てからは料理にハマっています。
おふくろの味目指して修業中です!
ちなみに一番の得意料理は「鶏もも肉のトマトソース煮」です。
よかったら是非一度食べに来てください!
ユースを志望している学生へ一言!
ユースでは自分のやりがいを見つけることができます!
もし今やりたいことが見つからない、わからないという時でも
いつか見出すことができます。
大事なのはやりたいことが見つかったときに実現できる環境にあるかどうかです。
ユースではあなたのやりたいことを全力でサポートします。
ぜひユースで夢を叶えましょう!


Page Top